こすもすですく

ASKAさんのブログ読んでるうちに成り行きで作った部屋。定期的に書き続ける気は今のところないですw

ASKA「Too many people」を私なりの言葉で語らせてくれ(おまけ。)

アルバムにも載っている、「背中ショット」「腕ショット」について。You Tubeでそのお姿を拝見したときには、全国でPCを前にばたばたと倒れていく女性ファンの屍の山に、私ももちろん連なっていたわけである。が、その後「700番」第二巻の閉鎖病棟のくだりを読んで、見方が変わった。あの背中は、あの腕は、彼が自分を守るため、精神の崩壊を防ぐため、壮絶に闘った証なのだ。だからあの姿を見るたび私は、よくぞ無事で帰ってきて下さった、これもひとつの「勲章」だね、と喜びを噛みしめ、やはり嬉々としてぶっ倒れるのである。

 

と、きれいに締めくくる予定だったが、その後「ホーガン」の話を読んだせいで第三の見方が生まれてしまった。嗚呼、我がヒーローはどこまで愛すべきお方なのか。あの背中は…。あの背中に…。

何のことか分からないアナタ。ASKAさんのブログへGOぉーーー!である。

 

<今度こそ了>